Roots Lab.編集部

爆速でイベントレポートを書くコツ

この記事では、イベントなどに参加した際、爆速でレポートを書くコツ(いわゆるリアルタイムレポート)をご紹介します。

皆さんは、SNSなどでイベントに参加した人のTwitter実況やイベントレポートを見かける事があると思います。このようなSNSでの情報発信において「速さ」というのは本当に武器になります。1番と2番では雲泥の差ですし、何より多くの人に見てもらえます。

こんな人に読んでほしい

・イベントのレポートを書かないといけない人
・誰よりも早くイベントレポートを投稿したい人
・文章を書くのが遅い人

イベントレポートは、間違ったことを書いたり、そもそも文章としての体裁になっていない状態ではだめです。しかし、多少品質が悪くても、1番最初に投稿するという事には大きな価値があります。

今日は、Roots Lab.編集部内で共有している、イベントレポートを書くコツについて皆さんに共有していきます。

イベント前の準備

イベントレポートを爆速で書いている人たち・・・実は、イベント前からすでに戦い(レポートの下書き)は始まっているのです。
備えあれば憂いなし♪何事も準備が大事です。

まず、事前の準備では以下のような事を書いておきます。

  • 構成(目次)
  • イベントの目的
  • 伝えたいこと

イベントに参加して、SNSやブログで伝えたいことを考えておきます。セミナーの場合は、アジェンダが参加の募集要項にも記載されていたりするのでレポートの構成(目次)は考えやすいと思います。

構成(目次)ができたら、各章の結論も事前に書いておきます(可能であれば内容も書いておきます)。
それと、有名な登壇者の場合は、事前にその方を調べておくと話す内容が予想できます。

例えば、以下は以前のキヤノン主催のイベントに参加した際、松尾豊さんやキヤノンの事はそれなりに調べていたため、間違いなくディープラーニングや画像認識の話は出てくるという事が容易に想像できました。

レポート「キヤノンが描くと、未来はこうなる。」最近暖かくなったり寒くなったり、寒暖の差が激しいですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? Roots Lab.編集部のSky Ha...

そうするとぶっちゃけた話、イベント開始前からレポートが書き始められます。
これこそが、スピードを生む最大のコツです!!

イベント中のメモの取り方

事前の準備ができたら、あとは(コツが必要ですが、慣れれば)簡単です。
イベント中は、登壇者の話を箇条書きではなく、最初から文章にしていきます。その場で完成させる意識でメモ&文章として完成させていきます。

実は、ここはあまりコツと言えるようなものはありませんが、強いて挙げるとすると、あらかじめ書いておいた各章とその結論に結びつかない内容は思い切ってメモしないことです。

そうすることで「全部メモしないといけない💦」いう焦りもなくなり、文章としての体裁を整える余裕が出てくると思います。

もちろんあらかじめ準備していた内容と結論からブレるような話も出てくると思いますが、事前にしっかりと準備しておくと、意外と対応できるものです。そもそも、イベントの目次と内容に乖離があったとしたら、残念ながらダメなイベントです(場合によってはレポートを書く価値もないかもしれません・・・)

まとめ

事前の準備では、下調べと文章構成が重要です。また、イベント中も、自分が伝えたいと思うところはしっかりメモをとり、そうでなければ思いっきり削ってもよいと思います。また、「イベントの内容をアウトプットする」と決めておくと、メモする際の意識や質も変わるので、結構おススメです。

そして、最後に余談ではありますが、今回ご紹介した爆速でレポートを書くコツですが、イベントレポートだけではなく、普通に仕事の会議の議事録取る時にも活用できます。議事録の作成時間って会議後に書くと時間も掛かりますし、何だか時間がもったいないじゃないですか。
ですので、できる限り会議中に議事録は仕上げていきましょう!(笑)

ABOUT ME
Roots Lab.
Roots Lab.
Roots Lab. ONLINEはRoots Lab. (ルーツラボ)が運営する情報サイトです。このサイトでは、ビジネス、経済、テクノロジーなど、ビジネスパーソンに役立つ情報に加え、イベントやデザインなどこれからコミュニティー作りを行う人向けの情報を発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。