Roots Lab.みんなの活動

コロナで「失ったモノ」と「得られたモノ」| セールスデザイナーから見た世の中の変化

パン
パン
セールスデザイナーのパンです。

コロナウイルスの影響が各業界に広まっていますが、皆様の会社や学校はいかがでしょうか。

僕は現在、フリーランスのセールスデザイナーとして生計を立てていますが、お陰様で仕事もたくさん頂き、毎日楽しく過ごさせて頂いています。

ただこの数ヶ月で、コロナの影響もあり世の中は激変したなと感じています。

そこで今回、セールスデザイナーとしてビジネスをやってきた人間として、僕が気付いた事を皆さんにシェアしたいと思います。

便利を追求することで形態が変わる

最近「2025年人は買い物をしなくなる」という本を読みました。

本書を要約すると、こうです。

要約
  • 店で買い物するというプロセスは、今後さらに減少していく
  • 最終的には物を買っているという感覚も消失する
  • 店にあった商品棚は、ネットの普及により「家にある」状態になった。
  • スマホの普及により、商品棚は「家にある」どころか持ち出しも可能になった
  • 5Gの登場により、人は店舗にすら行かず、買い物に時間もかけなくなる
  • そもそも買い物しないサブスクリプションが生まれる

このように、僕達は一度便利なものに触れてしまうとなかなか元に戻ることはできません。
つまり「便利」には中毒性があるのです。

上記のとおり、「買い物」という行動1つとっても「便利」を追求することで形態が目まぐるしく変化しています。

パン
パン
実際に多くの人が”現地でしか買えない”というもの以外は”ネットで買えばいいかな”と考えていると思います。

インターネットの利便性を再認識

今回のコロナ禍においても、インターネットの利便性を再認識した方も多かったのではないでしょうか?

・家から出なくてもある程度何でも買う事ができる
・セミナーや本などオンラインで学習ができる
・映画や動画などのエンタメもある
・人と顔を見ながら会話ができる

など、多くのメリットを享受できたと思います。

パン
パン
ちなみに、無駄に外にでないから出費も減りましたよね(笑)

もちろん、リアルの方が良いことも多いです。

しかし、なんだかんだネットの利便性を急速に感じてしまった期間でもありました。

だから、今後コロナが落ち着いたとしても完璧に元に戻る、というよりは、改めて感じたインターネットの恩恵をより便利に変化しながら受け続けるのではないでしょうか?

パン
パン
とは言え、コロナがなかったとしても緩やかに変化していったと思います。

インターネットの活用で一気にマーケットを広げられる

インターネットを活用してビジネスをしている人は、かなり恩恵を受けていると思います。

その中でも一番大きな恩恵は、一気にマーケットを広げられることだと思います。

インターネットだけで完結できるサービスや商品であれば、全国の人に、場合によっては世界中の人にアプローチできます。

パン
パン
例えば、小売業や教育事業など、小さな商圏だけでは成り立たないビジネスだったとしても、マーケットを全国に広げることで、一気に利益を上げることができた人もたくさんいたのではないでしょうか。

実際、僕の今のクライアント様も全国各地にいらっしゃいます。また、以前コンテンツビジネスをしていたときは、海外に住んでいる人もお客様でした。

そして、もう一つ大きな変化があります。

ある意味コロナのおかげでもあるのですが、今まであまりインターネットに馴染みが無かった人も、なし崩し的にZoomなどのインターネットサービスを使わざるを得ない状況になりました

その結果、サービスを受ける側のお客様も、これまでより一層インターネットが身近になってきました。

これは本当にチャンスです。

なぜなら、お客様のITリテラシーが向上したことにより、オンラインミーティングやオンライン集客が可能になり、それがそのまま時間の節約やマーケットの拡大に寄与するからです。

パン
パン
例えば、以前であれば「打ち合わせはzoomで」となると手抜き感もありましたが、今ではZOOMは市民権を得ていますよね!

誰でもマーケットが広げられる=ライバルが増える

前述のとおり、ネットの普及により、誰でも簡単にマーケットが広げられるようになりました。

しかし、その一方で誰でもマーケットが広げられるという事は、強力なライバルが増えたという事でもあります。

ライバルにとってもマーケットが広く、下手したら大手が直接のライバルになるということも出てくると思います。

パン
パン
例えば、塾の講師として動画で授業を配信しているのであれば、いつでも、だれでも、どこからでも視聴できるので、大手の人気講師ばかりに人が集まります。

したがって、必ずしもインターネットだけを頼りにビジネスするのが良いとは言い切れません。

とは言え、

・コロナ等の感染症対策
・多くの人がインターネットの利便性を再認識したという現状
・5Gによる高速、大容量、同時、多接続のスマート社会の到来

など、現状とこれからの時代性を考慮すると、インターネットを活用せざるを得ません。

デザインはビジネスの強力な武器

ではどうすれば、インターネットの世界で強力なライバルと戦えるのでしょうか?

勝つための要素はたくさんありますが、以外と忘れられがち(正確に言うと適当になりがち)なのがデザインです。

大抵の人は、ビジネスをするからには商品やサービス内容は自然と色々考えると思います。

しかし、「デザイン」というと急にクリエイティブ感が出てきてよくわからなくなり、「オシャレっぽい」という理由で選んだり、お金かけずに自分でやってみたり、という人も多いのではないでしょうか?

ただ、よくよく考えてみると「デザイン」ってお客様が一番初めに目にする部分であり、サービスや商品、人の印象が「一瞬」で決まってしまう大きな要因なのです。
(一瞬の無意識でイメージを受け取ってしまうから余計厄介)

特にインターネット上では、ホームページなどでいくら素敵なサービスを紹介していてもパッと見で「気になる」と思われなかった瞬間、一気に人は離脱してしまいます。したがって、いくら一生懸命文章を書いたとしても、サービス内容はおろか、そのホームページを見たことすら忘れられてしまいます。すなわち全く認知されないということです。

パン
パン
なかなか過酷な世界ですよね。

ただ、裏を返せば正しくデザインを活用することで、本当に必要な人に商品やサービスの価値が伝わり、一気にビジネスがスケールする可能性もあります。

実際に文章そのままで、デザインだけ変えて反応が変わるという例も少なくないです。

いや、本当に、上手くデザインを活用すればビジネスの強力な武器になります。

まぁ「デザイン」なら何でも良いわけではなく、ビジネスの観点で活用するデザインが大事です。

でも、それはいったん置いておいて、世の中のサービスを見ていて「デザイン」で損しているな…と言う事も多々あります。

気にしない人は全然、気にしないのですが、だからこそ差別化できるポイントもあるのです。

これはビジネスの結果にも大きく影響する部分でもあります。だからこそ、少しでもこれを機に「デザイン」に興味を持ってほしいと思います。

繰り返しになりますが、本当にビジネスにおいて強力な武器になります。

これが、数ヶ月前の僕がかなり衝撃を受けて、コロナ禍の中で「得た物」です。

まとめ

インターネットを活用したビジネスでは「デザイン」が成果を大きく左右します。

したがって、今後インターネットを活用したビジネスを考えている人は、真剣に「デザイン」を考えてほしいです。
僕自身、セールスデザイナーとして活動していることもあり、日々「デザイン」に関する情報を発信しています。

興味のある方は是非ご覧ください。

ブログを見る

また、デザインの依頼も随時受け付けています。
「商品が認知されない」「集客が難しい」など、ビジネスに行き詰っている方が居れば、ぜひご相談ください。「売れる」に特化したデザインのLP(ランディングページ)をご提案させていただきます。


デザインを依頼する



ABOUT ME
大久保 俊
大久保 俊
1989年東京都生まれ。「売れる」に特化したセールスデザイナー。 大学卒業後は家業のパン屋にて経営に携わる。ビジネスの現場でマーケティングやセールスコピーを学び、チラシで売上を2倍にしたり、口コミマーケティングを引き起こす。その後、長年の趣味であったカメラを仕事にしカメラマンとして活躍。その傍ら、復業でインターネットでのコンテンツ販売業を行う。また自身も独学ではあったがクリエイティブ作業が好きで得意だったため、セールスデザインで実績を上げている上野健二氏の元で学び直し、セールスデザイナーに転身。結果を重視するデザイナーとして活動中。
イベント情報

Roots Lab.では定期的にイベントを開催しています。興味のあるテーマがあればぜひご参加ください!

イベントを見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。