Roots Lab.健康部

【健康部】「気」「血」「水」私たちの身体を支える3つの要素

文屋学(B_Manabu1227)です。
9月に入り、暑さも落ち着いてきましたね。
今回は、東洋医学で言われている『気血水論』についてお話をしていきます。

気血水論は東洋医学の基礎概念の1つで、読んで字のごとく「気」「血」「水」という、私たちの身体を支える3つの要素です。
私たちの身体は、この3つが協力し合って健康を支えられています。
したがって、気血水のバランスが崩れてしまうと、私たちの身体は病気になってしまいます。

それでは、各々について詳しく解説していきます。

『気』について

東洋医学でいう『気』とは、生命を維持するために必要なエネルギーのことです。
経絡というエネルギーの通り道をめぐって身体の中をたえず循環し、人間の生命活動を支えるエネルギーの役割を果たしています。

『気』は、以下のような働きがあります。

  1. 成長を促し、五臓六腑を働かせる
  2. 身体を温める
  3. 血・水をめぐらせ、余分の流出を防ぐ
  4. 体表を保護し、外邪(病気の原因のうち、外部によるもの。ウイルスなど)の侵入を防ぐ
  5. 水穀の精微を気や血などに変化させる気化作用(体内の物質を変化させる作用)

 

気の変調

身体の不調が慢性化して『気』に影響が及ぶと、活性が失って正常な働きができなくなります。

『気』は健康に非常に深い関係があり、『気』の変調は全身の不調につながります。
特に精神的な側面を中心に変調をおこします。

気の改善方法

  1. 適度に休暇をとる
  2. 軽い運動をする
  3. 小さなことを気にしないようにする

 

『血』について

東洋医学でいう『血』とは、各器官の栄養とメンタルの基礎となる物質です。基本的に血液のことを指しますが、栄養分全体も表しています。
血は飲食物から作られた栄養分と大気を活用して、体内の各器官に栄養分を供給し、滋養する働きがあります。

『血』は、以下のような働きがあります。

  1. 身体の各器官、組織に栄養分を与え、うるおす。
  2. 『気』とともに人間が精神活動をおこなう基礎となる物質であり、意識や精神を明瞭にする働きがある。

 

血の変調

身体の不調が慢性化して『血』に影響が及ぶと、活性が失って正常な働きができなくなります。
そのため、貧血を起こしたり、自律神経の働きやホルモンバランスなどが崩れたりします。

血の改善方法

  1. バランスの良い食事をする
  2. 身体を温める
  3. 趣味などでストレスを発散する

 

『水』について

東洋医学でいう『水』とは、全身を巡り、うるおいを与える物質です。
『血』以外の体内の活性のある正常な水分や体液で、リンパ液、涙、唾液、鼻水、汗や尿などもこれに含まれています。
『水』は飲食物から作られた栄養分から『気・血』が作られる際に生成されたもので、現代医学でいう血液の重要な成分でもあります。

『水』は、以下のような働きがあります。

  1. 臓腑や各器官を循環して、うるおす。
  2. 関節をなめらかに動かす、皮膚にうるおいを与える。
  3. 汗、鼻水、涙、唾液などを作りだす。
  4. 脳や脊髄をうるおす。

 

水の変調

身体の不調が慢性化して『水』に影響が及ぶと、活性が失って正常な働きができなくなります。
そのため、乾燥したり、逆に水分が多すぎてむくむという症状が現れます。

水の改善方法

  1. 適量の水分を補給する
  2. バランスの良い食事をする
  3. 身体を温める

 

まとめ

気血水は、私たちの心身の健康にとって大切なものです。

気血水の3つは、どれかが単独で変調を起こすというよりかは、複合して起こることが多くあります。その大切なものを良好に保つためにも、基本的に、以下の3つをおこなうと良いでしょう。

  1. 空気を清潔に保つ
  2. 多食・偏食せずに食事をする
  3. 水分補給を意識しておこなう

 

健康であるためには、日々の体調管理が大切です。
もし体調管理でご協力できることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

ABOUT ME
文屋 学
文屋 学
Roots Lab.健康部の部長でフリーの鍼灸師。鍼灸・整体を通して、働く社会人の心身の健康・生活レベルの向上を目指す。また、現在は東洋医療全般の研究と実践だけに留まらず、後進の育成や健康セミナーにも励む。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。