Roots Lab.健康部

【健康部】理想の体型の作り方 -睡眠編-

文屋学(B_Manabu1227)です。

寒くなると太りやすいなんて思っていませんか?
実は、寒くなると代謝が上がり、痩せやすくなります。なので、秋冬は減量に適した季節なのです。

今回は前回に引き続き、理想の体型の作り方について、お話をしていきます。
今回のテーマは『睡眠』です。

「理想の体型とはなにか」については、こちらも合わせて読んでいただければ幸いです。

【健康部】理想の体型の作り方 -体質編-文屋学(B_Manabu1227)です。 寒くなると代謝が上がり、痩せやすくなります。 したがって、秋冬は減量に適した季節なので...

睡眠不足が肥満を招く

理想的な体型が手に入らない一番原因なのが、『太りやすいor痩せにくい体質になっている』ことです。この状態でいくら食事制限や運動をおこなっていても、なかなか成果が挙げられず、理想的な体型に辿りつくことが大変難しいのです。
では、どうして『太りやすいor痩せにくい体質になっている』かというと、それは、『睡眠不足』になっている場合があります。

2011年にでたシカゴ大学のレビューによって「睡眠制限をかけると大変なことが起きる」という報告が次々と出てきたのです。

  1. 食欲を抑制するホルモンである「レプチン」が出なくなり、肥満を招く
  2. 食欲を促進するホルモンである「グレリン」が出るため、肥満を招く
  3. その他代謝に関わるホルモンが分泌されにくくなるため、代謝がスムーズにされなくなる

 

実際に、シカゴ大学の調査では「短時間睡眠の女性は肥満度を表すBMI値が高い」、つまり太っているという報告があります。

BMI値とは太っているかを表す体格指数で「体重kg/身長m×身長m」で求められます。
たとえば170cmで60kgの場合、「60/1.7×1.7≒20.8」となります。
性別に関わらず、この数値が22がもっとも病気になりにくい数値で、25以上が肥満とされています。

その他、様々な研究結果によって、短時間睡眠が肥満を招くことがわかっています。

[参考文献:Sleep and obesity.]

睡眠を妨げる原因

睡眠を妨げる原因が以下のとおりとなっています。
主に自分でコントロールできる部分を取り上げていきます。

  1. 睡眠2時間前のパソコン作業やスマホの操作
  2. 考え事や心配事を溜め込んだままにしておく
  3. 寝る前の激しい運動(それに準ずる活動)

これらのことは、私たちの睡眠を妨げてしまいます。
身体が活動的になるようなことは、私たちの睡眠を阻害してしまいます。

スムーズに睡眠がとれる方法

以下のことは、私たちの睡眠をスムーズにします。
どれもすぐに取り組めるものだと思いますので、簡単に実行できるハズです。

  1. 就寝2時間前にはパソコン作業やスマホ操作を済ませておく
  2. 考え事や心配事をTODOリストとして紙に書き出しておく
  3. 就寝前は入浴やストレッチで気持ちを沈めておく

これらのような工夫をして、入眠しやすくしていきましょう。
落ち付けたり、リラックスすることがコツとなっています。

まとめ

理想の体型を目指す場合、睡眠が何よりも大切です。
睡眠をしっかりと取り、ホルモンバランスを整えてから食事と運動に取り組みましょう。
そのためにも、就寝前はなるべく刺激になるようなことを控えて、睡眠に備えることがコツです。

健康であるためには、日々の体調管理が大切です。
もし体調管理で不安なことがありましたら、どうぞお気軽にコメントください!

ABOUT ME
文屋 学
文屋 学
Roots Lab.健康部の部長でフリーの鍼灸師。鍼灸・整体を通して、働く社会人の心身の健康・生活レベルの向上を目指す。また、現在は東洋医療全般の研究と実践だけに留まらず、後進の育成や健康セミナーにも励む。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。