Roots Lab.健康部

【健康部】理想の体型の作り方 -体質編-

文屋学(B_Manabu1227)です。

寒くなると代謝が上がり、痩せやすくなります。
したがって、秋冬は減量に適した季節なのです。

今回は、理想の体型の作り方について、お話をしていきます。

自分の体型には設計図がある

私たちの体は、遺伝子レベルでどのような体型になれるかということが、ある程度決まっています。
成人期に入ると、私たちの体は、遺伝子が持っている“設計図”に基づいて、「適正」の体重に留まろうとします。もし体重が適正範囲外に出ようとすると、体中のあらゆる組織が変化し、体重を範囲内に押し戻そうとするのです。

スウェーデンで「遺伝と体重の相関関係の調査」を目的とした研究が1984年に始まりました。この研究では、国の双子登録を活用し、

  • 93組の別々に育てられた一卵性の双子
  • 154組の一緒に育てられた一卵性の双子

を対象におこなわれました。

この研究やその他いくつかの研究の結果、『体重変動の70%が遺伝によるものだ』という結論が出たのです。

[参考文献:『一流のコンディション』トレイシー・マン著 佐伯葉子訳]

理想的な体型とは

理想的な体型とは何でしょうか?
1つの指標として、ここでは『黄金比』を紹介します。
この黄金比は魅力的に見える体型で、異性にモテる体型です。

女性の場合は、

バスト:ヒップ:ウエスト=1:0.7:1

男性の場合は、

肩幅:胴囲:臀囲=1:0.6:0.62

これらの黄金比が、一般的に魅力的に見える体型とされています。

理想の体型になるには

前述したように、人間は遺伝子によってある程度体型が決まってしまいます。
それでも、理想的な体型になることが可能です。何せ、「黄金比」ですから、比率さえ間違えなければ、誰でも理想の魅力的な体型になれるのです。

体重変動の70%は遺伝子による影響ですが、『残りの30%』は環境が影響します。ここでの環境というのは『睡眠・食事・運動』などの生活習慣のことであり、これらは自己管理によっていくらでも改善します。詳しい情報は、今後の投稿でお話しますが、少なくともシルエットを良くするには「運動」は欠かせません!

もし、無理をしてしまうと、病気になる可能性がありますし、以下の低下も起こります。

集中力 記憶力 思考力 ストレス耐性 etc…

まとめ

理想の体型を目指す場合、まず自分には適性体重があることを理解してください。
そこから『睡眠→食事→運動』によって、自分の理想の体型を作り上げていきます。

健康であるためには、日々の体調管理が大切です。
もし体調管理で不安なことがありましたら、どうぞお気軽にコメントください!

ABOUT ME
文屋 学
文屋 学
Roots Lab.健康部の部長でフリーの鍼灸師。鍼灸・整体を通して、働く社会人の心身の健康・生活レベルの向上を目指す。また、現在は東洋医療全般の研究と実践だけに留まらず、後進の育成や健康セミナーにも励む。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。