Roots Lab.健康部

【健康部】これで安心!知って得する東洋医学からみたカゼ予防・対策

文屋学(B_Manabu1227)です。

秋になり、朝晩の寒暖差が激しくなりましたね。
寒暖差が激しくなり、更に空気の乾燥も加わりますと『カゼ』を引いてしまいます。

今回は、東洋医学的に有効なカゼ対策をお伝えします。
この記事を参考に、皆さんの体調管理に役立てて頂ければ幸いです。

どうしてカゼをひいてしまうのか

気温が低くなり、空気が乾燥してくるとカゼが流行します。
これは、冷えた空気や乾燥によって鼻やのどの粘膜の抵抗が落ち、ウイルスに侵されやすくなるからです。

東洋医学では、カゼの原因は首・肩・のどのあたりから風邪(ふうじゃ)が入るためだと言われています。

カゼの予防・対策

風邪は首・肩・のどから侵入しますので、首元をマフラーなどで覆ったり、のどの粘膜を防ぐためにマスクをしたりすることがオススメです。

カゼ予防には、のどの粘膜をうるおすことが大切です。
のどのうるおいにはダイコンのおろし汁、ナシのジュースが効果的です。

首や肩がゾクゾクする場合は、発汗効果があるくず湯が効果的です。
あとは、長ネギとショウガの味噌汁も効果があります。

おまけ:科学的に有効なカゼ予防

最近になって、カゼ予防に有効である方法が判明しています。
以下が、カゼ予防に有効であるとされている3つの方法です。

亜鉛

カゼを引きそうになりそうな状態で亜鉛を摂取することで、進行を未然に防げることがあきらかになっています。
主に、牡蠣(カキ)やエビ、カボチャの種等に含まれています。

ビタミンCは健康面全体を通してみると有効ではありますが、ことカゼに関しましては、現状として有効性が確認されていません。

手洗い

手洗いをすることで、カゼ予防できるということが、科学的に証明されてきています。

うがいに関しましては、データが不足していますので、手洗いほど有効性が確認されていません。

運動

運動にはメンタルといった以外にも、カゼへの抵抗力を高めてくれる効果があります。

東洋医学的にも、全身の気血が巡りますので、カゼ予防に運動はオススメです。

まとめ

以上のことから、カゼ予防・対策は以下のようになります。

  1. マフラーやマスクで首・肩・のどを保護する
  2. ダイコンやナシでのどをうるおす
  3. 長ネギやショウガで体を温める
  4. 日ごろから亜鉛・手洗い・運動を心がける

健康であるためには、日々の体調管理が大切です。
もし体調管理で不安なことがありましたら、どうぞお気軽にコメントください!

ABOUT ME
文屋 学
文屋 学
Roots Lab.健康部の部長でフリーの鍼灸師。鍼灸・整体を通して、働く社会人の心身の健康・生活レベルの向上を目指す。また、現在は東洋医療全般の研究と実践だけに留まらず、後進の育成や健康セミナーにも励む。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。