Roots Lab.みんなの活動

①企画から運営まで!イベント開催までのノウハウ公開:チームビルディング編

こんにちは。RootsLab.編集部です。

はじめてイベントを開くときって、

「やり方が分からない…」「難しそう…」「自分のイベントに本当に人が集まるのかな…」

など不安を感じるものですよね。

そこでRoots Lab. ONLINEでは、「はじめての人もできる!イベントの開き方」と題し、数回にわたってイベント開催のノウハウを余すところなくお伝えしていきます!

私達が今まで数々のイベントを通して培ったノウハウが詰まった手順書になっていますので、ぜひご活用ください。

イベント開催までの5つのステップ

イベント開催するまでには、基本的に大きく以下の5つのステップがあります。

1. チームビルディング
2. 企画立案
3. 集客
4. 準備
5. 当日運営

今回は、この中から「チームビルディング」について解説します!

チームビルディング

チームビルディングとは

チームビルディングとは、 チームの目的や目標の達成に向かって、各メンバーが主体的に能力や多様性を発揮しながら一丸となるチームを目指す取り組みのことです。

では、どのようにチームを作り、具体的にどのようにイベントを進めていけば良いのでしょうか?

良い結果を出すために必要なこと

良い成果を出すためには、役割分担やスケジュールではなく、目的や方向性、メンバーの気持ちなどについて対話することが重要です。

役割分担やスケジュールさえ決まれば、後は各自で役割をこなせば何とかなるだろうと思いがちです。対話なしに進めていくと、気付かないうちに目的や方向性、各人の気持ちがバラバラになっていきます。

スポーツのチーム戦と同様、コミュニケーションを取りながら良い結果を出すためにチームで前進していくことがとても大事です。

メンバーを募ったら、まずは以下の3点を意識してコミュニケーションを取ってみてください!

① ゴールの共有

② 相互理解

③ 関係性作り

 

ゴールの共有

ゴールの共有とは、何故やるのか、どこに向かって行くのか、メンバーと共通の認識を持ちことです。ゴールを共有することで主体的な行動もしやすくなります。

相互理解

相互理解とは、お互いの「こういうことがしたい」「こう関わりたい」を理解することです。相互理解に努めることで、知らずして相手に負荷をかけてしまうということが減ったり、互いの「好き・得意」を活かして取り組むことができます。

関係性作り

「この仲間・チームでやりたい」という関係性は、チーム内で良いサイクルを生みます。互いのモチベーションアップにもつながりますよね!

 

チームビルディングには、ダニエル・キムの「成功循環」モデルも参考にしていただければと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はイベント開催のプロセスの中で大切な最初のステップ「チームビルディング」について解説しました。

ABOUT ME
Roots Lab.
Roots Lab.
Roots Lab. ONLINEはRoots Lab. (ルーツラボ)が運営する情報サイトです。このサイトでは、ビジネス、経済、テクノロジーなど、ビジネスパーソンに役立つ情報に加え、イベントやデザインなどこれからコミュニティー作りを行う人向けの情報を発信していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。