Roots Lab.健康部

【健康部】マッサージ中に眠くなる!?寝ると効果がないって本当?真相は?

こんにちは♪健康部の春木(@espoir___haruki)です!

「マッサージ中に寝てしまうと、効果ないんでしょ?」と、聞かれることが非常に多いのですが…。結論から言うと、効果がないということはありません!

ただ、用途によって起きていたほうが良しとされる場面もあります。

それは一体どんな時なのでしょうか?順に見ていきましょう!

マッサージ中の身体の状態

リラックスモードへ

マッサージ中、徐々に眠くなってくる…。

この現象は、交感神経から副交感神経(リラックスモード)に切り替わっていくことで起こります。

副交感神経が働くと、血管が広がり、呼吸が深くなり、筋肉の緊張も緩んできます。いわゆる「リラックスモード」ですね。

疲労回復のメラトニン

副交感神経が優位になると、抗酸化作用があるメラトニンというホルモンが分泌されるので、身体に蓄積した老廃物や酸化物が取り除かれて、疲労回復を促します。

リラックスモードに入った時の仮眠は、例え10分前後の短い時間だったとしても良質な仮眠に繋がります。

マッサージ ~副交感神経を優位に~

良質な睡眠を

日頃、睡眠が浅い、寝つきが悪いなどお悩みではありませんか?

原因をこれと決めつけることはできませんが、自律神経のアンバランス(眠るタイミングで副交感神経が優位にならないこと)が、良質な睡眠を妨げる原因のひとつとして挙げられます。

マッサージを受けていて、眠気が来るのは副交感神経が優位になっている証拠であり、とても良い反応です。

無理して眠気に抗わず、マッサージ中に仮眠を取り身体を回復できれば、一石二鳥ではないでしょうか?

ただ、「押されている心地ち良さや、効いている感覚を感じてこそ、お金を払ってのマッサージに行く意味がある!」とお考えの方もいらっしゃいますので、過ごし方はその日の気分や体調に合わせていくのも良いかもしれませんね。

エステとマッサージの違い

「用途によって眠らないほうが良いときもある」と、冒頭で述べましたが
これは、主に痩身(ダイエット)を目的としたエステ中のことです。

マッサージ

マッサージ中は身体の修復時間であり、リラックスしていただくとより良質な睡眠がとれます。

ですが、「脂肪燃焼」という部分に観点を置いたときは、逆説になります。

エステ

人間は、起きている時の方が脂肪燃焼しやすく、交感神経が優位の時、最も代謝が上がります。

眠ってしまうと効果が減少してしまうため、痩身を目的としたマッサージでは眠くても起きていたほうが効果的です。

最後に

日頃、心身ともにリラックスできる時間ってなかなかありませんよね。

マッサージ、鍼灸、用途は問わず皆さんに合った方法で骨休めしていただけたらと願っております(^^)
マッサージや鍼灸にまつわる疑問がある方、実際に体験してみたい♪という方
定期的に美容、健康イベントを開催していきますのでお気軽にご参加いただけたら幸いです♪

【健康部】~自分磨きをしたい人へ~美容しんきゅうカフェ会をお知らせします!Roots Lab.健康部の文屋です。 先日、同じく健康部で僕の手綱を引いてくれている春木さんの鍼灸院「espoir」にて、カフェ会の...

ご一読下さり、ありがとうございました(^^)

ABOUT ME
春木ひむか
春木ひむか
2019年4月、池袋に鍼灸マッサージ院espoirを開業。治療院では、マニュアルに沿った機械的な施術ではなく、一人一人のお客様と真摯に向き合 いオーダーメイドで治療を施している。Roots Lab.では、主に東洋医療の観点か ら健康情報を発信している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。