Roots Lab.みんなの活動

ストレングスファインダー®で自分の強みを知って感動した話

BISUCO
BISUCO
Roots Lab.で主に司会を担当しているBISUCO(びすこ)です。

突然ですが、私は昔から自分の強みというものが何か分からず、ただただ自分が好きなこと、楽しいことを基準に人生を歩んできました。

それで何か困ったことがあるか?そう聞かれると、特に困ったことはありません。

しかし、社会人経験を通して巡り合った所謂スゴイ人というのは、例外なく自分自身の強みを知っていて、それを仕事や私生活に最大限活用していました。

BISUCO
BISUCO
自分の強みを知っている人って魅力的やわ~

私も自分の強みが何なのか・・・それを知りたいと思っていたとき、ストレングスファインダー®という自分の才能を知ることができるツールがあることを知り、鼻息荒くソッコーを受けてみました。

ストレングスファインダー
ストレングスファインダー®とは?受け方・診断方法を解説この記事では、ストレングスファインダー®の受け方・診断方法を分かりやすく紹介しています。 こんにちは。編集部のさとみです。 ...

本診断によって、私の資質を34分類の項目に分けた際に、どこに強みがあり、どこに弱みがあるのかが明らかになりました。

34の資質の順位

そもそも、ストレングスファインダーにおける才能の定義とは「思考の癖」である、と伺いました。「思考の癖」は自分の価値観やニーズに基づいており、実際に診断の質問項目でも、自分が普段生活する中でどのような場面に価値を感じるかに関する事項が多く見受けられました。

そのような質問事項から得られた結果について、下記に記して行こうと思います。

みんなちがって、みんないい

診断結果について書く前に、あえて、私が最も大事にしている考え方から先に書かせて頂きます。それは、「みんなちがって、みんないい」という言葉に詰まっています。

BISUCO
BISUCO
ご存知の通り、これは金子みすゞ氏の詩の引用です。皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

非常に簡単な言葉ですが、非常に深い意味がある言葉であると私は考えています。

正直なところ、幼少期に初めてこの言葉と出会った際は、特になにも感じることはありませんでした。

しかし、自我が発達するにつれて、自分の身の回りにいる様々な人の違いに興味を持つようになりました。それは小学校のクラス、通っていた学習塾のクラス、習っていたピアノの生徒達、通っていた少林寺拳法の門下生達、全ての人達が違っているように見えたからです。

環境によって人は変わり、その中で一人一人の全く違う要素が育っていく、ということを様々な環境に所属していた経験から私は肌で感じていたのです。

そのような初期感覚から始まった感性は自分の読書活動におけるに審美眼にも影響を与えます。私が最も好きな本は「異邦人」であり、最も好きな漫画は「コジコジ」です。本文は書物を紹介するためのものではないため、ここでは詳しくは書きませんが、どちらも全体(社会)の中における個性のあり方を示した表現が大好きな作品です。

「個別化」それこそが私の強み

さて、導入が長くなってしまいましたが、そんな私の最も高かった才能について発表したいと思います。それは「個別化」です。「個別化」という言葉について、馴染みが深い人は多くはないかと思われます。ただ、上記に記した感性がまさにこの言葉にギュッと詰まっているように私は思いました。

「個別化」という才能についての解説としては、『「人は一人一人違う、個という存在を大切にしたい」という価値観・ニーズがあるから無意識に一人一人を観察してそれぞれの特徴を見抜く』とのことです。

これはまさにその通りであり、私の本質そのものであると感じました。幼少期から今日まで感じていた感覚を、これほど分かりやすく、しかもポジティブな要素として定義付けされたことに私はとても嬉しく思います。ずっと心に秘めていて人には上手く伝えられなかった要素が明快になったこの感動は、きっとどんな素晴らしい映画を観たとしても味わえるものではないでしょう。

このように、明快になっていなかった自分の感覚を才能として捉えて強みと認識することができれば、様々な可能性が広がっていくのではないかと考えています。その意味では、まだ私は自分の”才能を明快に出来た”ことに留まっています。今後は”明快にした自分の才能をどのような形で活用していくか”を考えていきたいと思います。

講師はあの縁JOYナース部のYUIさん

BISUCO
BISUCO
今回、講師として登壇されるのは、あの縁JOYナース部(@enjoynurse)にも所属しているYUIさんです。当日はよろしくお願いします。
講師 YUIさん
講師 YUIさん
よろしくお願いします。
BISUCO
BISUCO
YUIさんは、ストレングスファインダーで初めてご自身の診断結果をみた時、自分にとっては当たり前と思っていたことが自分の才能だったということを知って感動されたんですよね?まさに僕にもまったく同様の感覚がありました。
講師 YUIさん
講師 YUIさん
共感して頂けて嬉しいです!私の思いとしては、このツールを使って皆さん一人一人が自分の才能を知り、それを強みにして自分らしい人生を歩んで欲しいと思っています
BISUCO
BISUCO
なぜYUIさんがそのような思いを持つようになったのでしょうか?
講師 YUIさん
講師 YUIさん
看護師として様々な患者さんとの出会いを通じて「自分らしい人生」について考えるようになりました。

そして、自分らしさを追求していく中で、偶然ストレングスファインダー®に出会い、ストレングスファインダー®があれば、誰もが「自分らしい人生」を歩めるようになると確信しました。

それと同時に世の中、自分の才能や強みが分からずに苦しんでいる方もたくさんいるということもわかりました。

世間や他人と比較して、自分にないものばかり欲しがってる人が周りにいるかと思います。けれど、その人も周りから見ると素敵な存在で、魅力的ですよね

だから、みんなにもっと自分の良さに気付いてもらいたいし、自分の人生を生きて欲しいんです!

このような経緯から、YUIさんはストレングスファインダーについて勉強されたそうです。熱い思いを持っているYUIさんなので、今回のイベントも価値あること間違いなしです!!

興味ある方は、ぜひご参加ください!

また、参加したい方でまだ診断を受けていない方は書籍をご購入のうえWeb診断を受けてみてください。

テストの受け方については以下も参照してください。

ストレングスファインダー
ストレングスファインダー®とは?受け方・診断方法を解説この記事では、ストレングスファインダー®の受け方・診断方法を分かりやすく紹介しています。 こんにちは。編集部のさとみです。 ...

長い文章になってしまいましたが、最後までお読み頂きありがとうございました。

<文・画像・編集=Sky Hand(@theskyhand)>

イベント情報

Roots Lab.では定期的にイベントを開催しています。興味のあるテーマがあればぜひご参加ください!

イベントを見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。