Roots Lab.神社お寺部

【神社お寺部】お正月を最大限楽しむために! 鏡餅と神棚/お仏壇にまつわるお話

こんにちは、僧侶えいしょう(@T8L8ZJTiqlCzKcJ)です。
この記事では、お正月を最大限楽しむための豆知識をご紹介します。

鏡餅(かがみもち)

正月というと、鏡餅です。
そして職業柄、私はこういう質問を受けることがよくあります。

「鏡餅って、なんでお餅なんでしょう?」
「大根じゃダメなん?白いよ?」

正月飾りの鏡餅がお餅なのは、
お米から出来ているからです!

お米は、神話によりますと天皇家の祖先様、
天照大神(アマテラスオオミカミ)からいただいたものです。

– 時は神話の時代 –
アマテラスのお孫さんが天の国から日本の地に降り立つ時、
アマテラスが
「天の国で育ったこの稲穂を与えよう」
とお孫さんに持たせなさったのが、
日本の稲作の始まりとされています。
(※参照:神話のおへそ)

「神さまからいただいた稲穂でこんなにたくさんお米がとれました!
感謝をこめてお裾分けさせていただきます」

このようなお裾分けの心から、
鏡餅の文化が生まれております。
※ちなみにお神酒もお米の日本酒ですよね

なので、神棚にはぜひ鏡餅を置きましょう!

お仏壇と鏡餅

健康部のサム
健康部のサム
そういえば、お仏壇に鏡餅をおくのは良いのでしょうか?
えいしょう
えいしょう
私はOKと考えてます。お仏壇には基本的に食べ物をお供えします。

お供え、供物には大きく2種あります

お供え/供物の種類
  1. 感謝、親睦、和睦を願う
  2. 恐れや祟りをしずめる

普段のお仏壇へのお供えは①です。私の場合は浄土宗なので、

「阿弥陀さん(あみださん)いつも見守ってくださりありがとうございます」

という感謝の思いでお供えをします。なので、感謝の気持ちがのるものであることが大事かなと思っています。

昔もち米はとても高価なものだったそうでなるべくいいものを
お返ししたいという、感謝の心の表れだったのでしょう!

心温まるお話しです。

終わりに

今年はRoots Lab.神社お寺部を発足してを、早速イベントをやって、とバタバタな日々でしたが、来年も皆さんに役立つ情報を発信したり、イベントを開催したりしていきます!
そして、来年2020年2月2日に礼拝のイベントを開催予定です!

【レポート】動く瞑想!心も体もリフレッシュ!2019年12月7日(土)に、Roots Lab.「【新体験】動く瞑想!心も体もリフレッシュ!」を開催しました。 講師?・・・いや...

本年は大変お世話になりました!来年も引き続きよろしくお願いします。

■「こんなイベントやってほしい!」はこちらまで!

ABOUT ME
僧侶えいしょう
僧侶えいしょう
お坊さん、でも神社検定2級保有。 『ITで宗教をもっと身近に』をビジョンに 日本のこころの伝え方を模索中。 ブログはちょこっと仏教、神社とお寺のお話。 YouTube:神社仏閣オンライン 著書:『明日から話せる!日本の宗教』
イベント情報

Roots Lab.では定期的にイベントを開催しています。興味のあるテーマがあればぜひご参加ください!

イベントを見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。