Roots Lab.みんなの活動

ビジネス素人が考えたサロン事業計画 | あったらいいな、こんな「場所」 – 第1弾 –

この記事は、Roots Lab.の立ち上げメンバーの一人であるSky Hand(@theskyhand)氏が社会人3年目当初に「こんな場所あったらいいな」と思って、それが実現した世界ってどんな感じなのだろか・・・というのをストーリー化したものであり、完全なるフィクションです。

また、実現可能性や収益性などは全く無視しており、単に「夢は大きく持つべきだ」という考え方に基づいて作られています。したがって、突っ込みどころ満載なので悪しからず。

場面1

1.プロローグ

某企業に務める一人の青年がいた。勤続年数は8年目で、中堅社員である。彼は仕事ばかりの生活に疲弊しきっていた。

そんな彼は、最近代官山にできた、モダンな西洋館と日本館で構成されている「シャテーニュ 」というサロンがお気に入りで、足しげく通っている。このサロンでは、多くの社会人が、日々「癒し」と「励まし」を求め訪れている。

2.サロンのコンセプト

自然との関わりを深め、自分の「感性」を養っていくサロンである。ここでは、様々なサービスや技術から「癒し」と「励まし」を得ることができる。そのコンセプトは「健康」「教育」「福祉」の3つである。

コンセプト

健康
関わる全ての人が、できる限り心身共に健康な状態でいられる

教育
関わる全ての人が、限りなく良好な人間関係を発展させていく方法を知り、実践していくことによって学べる

福祉
社会の中で弱き立場に立たざるを得ない人々に、実践的な助けを提供できる

また、具体的には5つの点で人気を博している。

人気の理由

1. どのスタッフからも「最高のホスピタリティ」を感じ取れる

2. 生活維持や自己実現に必要な資質と能力を身に付ける事が出来る「リーダーシップ教育」を受講することができる学びの場がある。

3. 心の解放を目的として、最新の技術とノウハウを駆使した「自然体感シアター」で、地球上の自然を可能な限り体感出来ること。

4. 庭園・農園・造園が見える「心落着くカフェ」が併設されていること。

5. 東洋医療と西洋医療を併用した「心身養成医・治療」を通して、心身共に健康を維持する事ができること

東京都を中心として、神奈川県、千葉県、埼玉県などから多くの社会人が、様々な目的でこのサロンを訪れ、日々疲れを癒し、励ましをもらっているのだ。

2.1 最高のホスピタリティ

このサロンには、あのリッツカールトンやディズニーランドにも勝るとも劣らないおもてなし精神がある。「笑顔」と「挨拶」、その一部分だけ切り取って見てみても、「またここに来たい」と思わせてくれる。

これは即ち、経営者の想いがしっかりと根付いており、素晴らしい運営理念が、スタッフ全員に行き届いているのが感じ取れる。このサロンが提供しているのは、設備や技術ではなく、まさに「心」そのものなのだ。

それが多くの社会人がリピーターとして通い続ける最大の理由である。また、特筆すべきことは、スタッフも“お客様”として扱われ、スタッフ専用の食堂では、入り口で他のスタッフが満面の笑みで出迎えてくれているのだ。

スタッフは皆、同じ目線でお互いを理解しあい、心から尊敬しあっている。これはまさに、サービスの哲学であり、普段からごく自然に行われているようだ。

 (一流ホテル並のおもてなし精神)

2-2.リーダーシップ教育

リーダーシップ教育とは、ファシリテーション・プレゼン・デザイン思考など、一年間のプログラムを通じて基礎的なリーダーシップのスキルを習得できる。

自分の内面や社会を取り巻く環境に意識を向け、一番大切なことに「気づく」こと、そして視野を広げて、「脅威」にしか見えないことを「機会」と捉え、課題解決に向けて周囲に働きかけることが学べる。

また、この教育一環である「志」のプログラムを通して、自分の思考、そして想いを高め向上させることで、必ず自分なりの確かな願望(夢)と目標を持つことができるのだ。

それ故に、この講座を通して、励まし、そして大きな喜びと感動すら感じて生きて行くことができるのだ。

(習慣が人生を変え、喜びと感動をもたらす)

2-3.自然体感シアター

サロンの中に自然体感シアターという設備があり、ここでは「言葉」に加え「自然の音」、「音楽」、「映像」、「照明」、「空調」、「香り」などの最新技術と独自のノウハウで、人間の五感を刺激し、地球上の様々な大自然、生物を身近に感じさせることにより、心に安らぎを与える体感型のセラピーが実践されている。

参考:Hello, New World. warp cube

また、教育的な要素も含まれており、人間としての生き方についても気付きを得ることができるコンテンツとなっている。

その他にも映像のコンテンツは様々で、時間帯によって数十カ国の映像や、空を飛んだり海を潜ったりと、あたかも自分がそこにいるような気分になれるアトラクションへと変化する。そして、その国や状況に応じて気候、匂い、音などを感じることができるのである。

この自然体感シアターを目的に、週末には家族連れで訪れる人たちも居る。

(最新の技術と独自のノウハウの融合)

2-4.心落ち着くカフェ

カフェでは、静かな音楽を聴き、庭園を眺めながら癒しの時間を過ごすことができる。カフェは、無農薬野菜を常に10種類以上揃えていて大人気である。特筆すべきは、スタッフが月1回、農家研修に行っているところである。

参考:NEZUCAFÉ

そして、ここでは通称「あつらえ」と呼ばれるメニューがあり、その人のコンディションに応じて、オリジナルメニューも作ってもらえる。なお、ここのカフェの一番人気は、1000円(税込)の具沢山スープとサンドウィッチのセットである。

(こだわり抜かれた食材と接客)

2-5.心身養成医・治療

サロン内では、予防医療として整体及び針灸が実践されている。心身の健康の向上ために、最適と思われる施術と、情報提供により「なんだか疲れがとれない、不眠、めまい、モヤモヤとした症状が長く続いている」などの「未病」状態から解放してくれるのだ。また、身体的な健康の改善にも力を入れている。

施術後には、体質・体調、あるいは季節などに応じたオリジナルブレンドの漢方茶も提供してくれる。持ち帰りも可能で、自宅用の漢方茶も500円からという低価格で販売されている。また、ここのスタッフも一人一人自分が「人格者」であることを自覚しており、誇りを以て施術を行っている。

会話をしていても張り合いがあり「ネガティブな気持ち」を解消してくれて、「失った自信を回復」させてくれるのだ。まるでカウンセリングを受けているかのような心地よさもある。また、スタッフ全員が常に向上心を持ち、技術の向上と定期的な情報の共有にも努めているのでで、施術の技術も高い。

(心身の予防医療)

3.世界の自然の営みを知る

サロンは季節に応じてそれぞれテーマを持っている。例えば、春は観葉植物で彩られ、夏なら海をイメージとして、スタッフもアロハのようないでたちで出迎える。冬ならば、オーナメントで着飾ったクリスツリーでサロン内を演出する。また、庭園では、四季折々の花が楽しめる。季節が感じ取れる草花があるのは何とも嬉しい。毎年6月中旬を過ぎれば夏の到来、10月には秋の気配を感じさせてくれる。日本に生まれて本当に良かったと思う。

(季節の移り変わりを感じる事が出来る)

4.立地

代官山にあるこのサロンでは、昼間はランチのために訪れる人が多い。とは言っても、サロンのカフェはそんなに広くなく、20席ほどしかないため平日は完全予約制のランチコースのみの対応としている。

料金は、3,500円(税込)~5,000円(税込)の強気の値段設定である。しかし、毎日満席のため、回転率は場所柄そんなに良くないが、ランチだけで毎日3,500×20席×1.5(回転率)= 105,000円の売りを上げている。

また針灸・整体には、場所柄なのか外回りの営業職の方も多い。夕方以降は仕事終わりに、講座の受講や自然体感シアター、針灸・整体を目的に、ビジネスマンも多く訪れるため、老若男女、様々な年齢層の人がこのサロンに集まっている。

(立地の割に様々な年齢層の人が訪れる)

5.イベント・物販

サロンでは、世界中から集めた美と健康に関する情報を得る事ができる。その一つが、先にあげた東洋医療ある。

また、近年注目されている幹細胞を使った美容コスメや、日本ではあまり浸透していないアラビアガムといった、世界で注目されているような健康食品の販売も行われている。

さらに、企業のちょっとしたレセプションパーティーや、文化/芸術の個展・展示会が行われることもあり、多目的スペースとしても地域社会に貢献している。

(地域社会に貢献できる催し)

6.運営/人員構成

設備を考えると初期投資はおそらく3億は下らないと予想される。しかし、これは現在働いているスタッフ自らが拠出したお金と、事前に会員を募集して、その会費で立てられたということだから驚きだ。

また、スタッフについても、事前に数年間しっかりと「リーダーシップ教育」を通して育成されたとのことで、その用意の周到さには脱帽である。

さらに、サロン自体の広さは100坪しかないにも関わらず、人格養成講座、自然体感シアター、展示会やレセプションホールなどの多目的スペースを全て賄っている。これにはかなりの工夫がなされおり、考案者の知恵の集大成と言わざるを得ない。なお、次のような要員で運営されているとのこと。

7.サロンの試み

「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ」という考えを基に、和洋折衷をコンセプトとしている。これは即ち、読んで字のごとく、海外と日本、それぞれの良いところを組み合わせて、既に世界にあるものを組み合わせて世界で誰もやった事が無い事を実現しようとしている。

その試みの一つが、医療機関の中でも、まずは心療内科と提携することにより、心が病んでしまった人達に対して、薬を使わない療法(社会人人格養成講座や自然体感型セラピー)を用いて、「心の改善を図り、世界に通用する人材を育成していく」ということだ。

したがって、診断さえ受けていれば、このサロン内のサービスに保険が適用できるのだ。また、スタッフの男性は英国のジェントルマンのように、女性は日本の大和撫子のように華麗な振る舞いを見せて楽しませてくれる。

多くの人からリピーターとして支持を得たのは、このようにスタッフの育成にこだわり抜いたからだろう。明るく、元気で、爽やかで、かつ個性的な彼らは魅力的だ。魅力的なスタッフがいるサロンには魅力的な客が集まり、人が人を呼んで良いスパイラルが築かれていく。

(良好で良質なネットワークを構築できる)

8.サロンのイメージ

外観は西洋館のような作りで、敷地内に入るときは、綺麗なフラワーアーチが出迎えてくれる。当然、バリアフリーにも配慮されていて、万人がサロンを利用できるようになっている。そして、サロンの正面玄関は、まるで美術館に来たかのごとく、味わい深い作品が壁一面に表現されている。玄関内の窓はステンドグラスで、「本当にここは日本か」と別世界のように感じさせてくれる。

(日本では味わえない非日常を体感する事ができる)

また、サロンの敷地内には、四季折々の花が咲く「虹のガーデン」と呼ばれる造園/庭園と「虹のファーム」と呼ばれる農園がある。

週末に家族連れが多くなるのも頷ける。サロン内や室内装飾品は、白と黒を基調として、きわめてシンプルな内装である。机や棚などは檜でできているため、木の温もりを感じることができ、また日常の喧騒から離れて、普段と異なる空間を味わう事ができる。

この空間に触れるだけでも、心を落ち着かせ、普段と異なる視点から物事を考える事ができるようになる。そうして、新しい自分に生まれ変われるのだ。

サロンとはそういう場所である。そして、1階の多目的スペースでは、定期的に講演会が開催されている。

講演者は、一流の建築家や大学教授、事業家などの著名人・・・と言う時もあるが、そのほとんどが地方の農家の方、遠洋漁業を行っている漁師など、普通の人だが誇りを持って、そして命をかけて人に役立つ事をしている魅力的な人達である。その人達の話は本当に心に響く。

(本当の学びは、経験からしか得る事ができないことに気付かせてもらえる)

一方、心も体も疲れきった私のような社会人には、やはり睡眠が必要だ。しかしここでは、ただ「寝る」のではなく、整体を通して、身体的な疲れを取り、体感型セラピーによって、心地よい「言葉」、「音」、「映像」、「香り」etc.を通して睡眠をとる事ができる。セラピーで使用するソファーも特別仕様で、座り心地がとても良い。

(良質な睡眠をとる事ができ、心も体も休まる)

また、サロンの2階には交流スペースがある。スタイリッシュなバーカウンターもあり、天井も高く開放感のあるスペースだ。昼間は主に打ち合わせや商談などにも使えるスペースとなっている。

参考:マンダリンオリエンタル

そして、2階には宿泊スペースがある。この部屋は、各国の一流の家具や調度品が配置されており非常に心地の良い空間が演出されている。一般人はなかなか泊まる機会はなさそうで、招待された方々や要人の方が宿泊するようだ。こうして、サロンは疲弊しきった私たち日本の若者・青年の心も体も癒してくれる。

(単なる営利の追求ではなく社会にインパクトを与える場を提供)

続きは第2弾で

いかがでしたでしょうか。冒頭にも述べましたが、完全にフィクションです。ですが、一時期こういう構想の元、仲間集めしたこともありました。

形は違えど、Roots Lab.でもいづれ共有できるリアルな場を創っていければと思っています。

続く第二弾では、本ストーリーの今後の展望などを紹介できればと思っています。

 

ABOUT ME
アバター
Sky Hand
某企業でUI・UXの設計 /  テクニカルライター / 趣味でWebマーケティング / / VBAマスター / Roots Lab.の運営・企画 / 趣味:カメラ・写真 / 座右の銘は「仕事は最高か最速」/ とにかく何にでも興味を持っており、楽しいことでも、辛いことでも、つまらないことでも、難しいことでも、一回はやってみる質です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。